2007年07月05日

Google、書籍全文検索サービスの日本語版を開始

Google、書籍全文検索サービスの日本語版を開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070705/276697/?ST=ittrend
IT pro

 米グーグルは2007年7月5日、書籍検索サービス「Googleブック検索」の日本語版の提供を始めた。米国で提供済みの「Google Book Search」を日本語化し、日本の出版社から提供を受けた書籍をデータベースに加えている。

 Googleブック検索のトップページで任意の検索語を入れ検索すると、書名や著者名、本文のヒット部分などとともに、表紙の画像が表示される。著作権の保護期間が切れた書籍や、出版社から許諾を得た書籍については、書名をクリックすると本文の一部を画像として表示できる。また、詳細表示の画面から「Amazon.co.jp」や「紀伊國屋書店BookWeb」などへのリンクが設けられており、検索した書籍をそのまま購入することも可能。

 グーグルでは1年ほど前から、Googleブック検索の日本語版サービス開始に向け、出版社への営業活動を開始。無償で各社の書籍をスキャンし、OCRで電子化して全文検索可能なテキストにするという作業を行ってきた。詳細表示の画面に出るバナーがクリックされると、広告収入の一部を該当書籍の出版社に配分する仕組みも用意している。

[2007/07/05]
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

書籍検索サービス「Googleブック検索」、日本語版開始

書籍検索サービス「Googleブック検索」、日本語版開始
“ユーザーと書籍の新たな出会い”を目指す
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/07/05/16256.html
Internet Watch

 Googleの日本法人は5日、書籍検索サービス「Googleブック検索」の日本語ベータ版を発表した。出版社から提供された書籍をキーワードで検索でき、検索結果から書籍の全文や一部を閲覧できる。利用は無料。

 Googleブック検索は、英語圏では2003年に「Google Print」としてベータテストが開始され、現在は「Google Book Search」として提供されている。通常のWeb検索と同じように書籍を検索し、結果には書籍名、表紙のサムネイル、著者名、発行年、ページ数、キーワードにヒットした本文の数行を表示する。

 書籍の内容は、出版社や著者が指定した閲覧範囲の許諾に応じて「全文」「部分プレビュー」「スニペット」「プレビューなし」といった4つの表示方法を用意する。

 全文表示は、著作権切れの書籍や出版社が全文掲載を許可した場合で、印刷やPDF形式でのダウンロードなどが可能。部分プレビュー表示は、出版社が許可した書籍の一部を閲覧でき、印刷やダウンロードはできない。

 スニペットは、出版社から提供されていない著作権保護期間内の書籍。閲覧できるのはISBNコードや目次などの書誌データ、検索語の周囲数単語、書籍内のキーワードのみ。プレビューなし表示は、Googleがデジタル化していない書籍で、Web上の情報が閲覧できる。

 このほか、全文、部分プレビュー、スニペットでは、Amazon.co.jpや楽天ブックスなど、オンラインショップで書籍を購入するためのリンクや出版社へのリンクを表示する。さらに、地域名を入力することで、周辺の書店をGoogleマップに表示することも可能。英文のみだが、検索した書籍が置いてある海外の図書館を検索する機能も用意している。

● パートナーシップがサービスの肝

 5日、米Googleのプロダクトマネージメントディレクターであるアダム・スミス氏、およびコンテンツパートナーシップディレクターのジム・ガーバー氏が来日し、Googleブック検索に関する記者説明会を行なった。

 スミス氏は、ブック検索の着想点について、「Google創設者であるサーゲイ・ブリンがスタンフォード大学でデジタル図書館コミュニティに従事していたとき、書籍をネットワークで全文検索できるようになればもっと書籍を活用できるだろうと考えたことが始まり」と話す。

 書籍を検索データベースに登録する方法は、出版社に書籍のデジタルデータがあれば、それを使用する。また、Googleで本をスキャンしてデジタル化する場合もある。Google日本法人に書籍を送れば、スタッフが作業を行なうという。「特に古い本のデジタル化に注力したい」とのことで、今後は文字認識(OCR)も導入したい考え。

 また、表示方法についてスミス氏は、「一部プレビューは、書店で本をパラパラめくって見るのと同じような意味。気に入ったらオンラインショップで購入してもらえる。スニペットは“抜粋”という意味で、全文検索が可能だが、抜粋された数行のみ閲覧できる。ユーザーのクエリを元に最大で3つの抜粋を表示する。プレビューなしは一番最近に追加した表示方法。サイトやブログの関連記事がわかる」と説明した。

 Googleでは、ブック検索を実現するためにはパートナーシップが必要不可欠とし、出版社に登録を呼びかけている。日本では、2006年5月に出版社からの登録受付を開始した。現在、登録している国内出版社の数や登録書籍数は明らかにされておらず、「それほど多くはない」とのこと。徳生裕人プロダクトマネージャは、「まずはサービスを公開して、内容を見てもらってから多くの出版社に登録してもらいたい」と述べた。

 ガーバー氏は、出版社とのパートナーシップにおける理念として、「非排他的なパートナーシップをベースにする」「表示方法のコントロールは出版社が決める」「収益のほとんどは出版社に還元する」という3点を強調した。出版社は、オンラインショップでの売上やコンテンツ連動広告による収益が得られるほか、書籍や広告の表示方法なども出版社側で設定可能。Googleの収益は部分プレビューの下部に表示される広告からのみとなっている。


--------------------------------------------------------------------------------
関連情報

■URL
  Googleブック検索
  http://books.google.co.jp/

( 野津 誠 )
2007/07/05 20:13
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グーグル、ブック検索の日本語版を開始

グーグル、ブック検索の日本語版を開始
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITba001005072007
[2007年7月5日/IT PLUS]

 グーグルは5日、書籍を検索することのできるブック検索サービスの日本語版(http://books.google.co.jp/)を開始したと発表した。グーグルがデジタルデータとしてデータベース化した書籍情報を、キーワード検索できる。

 グーグルは2004年からブック検索サービスを開始しており、現時点で日本語を含めて10カ国語でサービスを展開している。図書館や出版社から提供を受けた書籍をスキャナーで読み取りデジタルデータ化したり、出版社の場合はデジタルデータとして提供を受けたりしてデータベースを作成している。全世界では1万社以上の出版社が参加し、100万件以上の書籍が登録されている。

 検索をすると表紙画像の表示を許可されているものについては、表紙画像付のリストが表示される。検索結果で表示する内容は著作権の有無や出版社との契約によって、全文表示したり、部分的にページが見られたり、著者や目次などの基本的な情報だけを表示したりなど異なってくる。契約をしていない出版社の書籍についても一部は書名や著者名などの基本情報だけをデータベース化している場合もある。

 グーグルは書籍の内容ページの下部に表示する広告によって収益を得る。アマゾンやオライリーなどの書籍販売サイトへのリンクも表示するが、そうしたページへの誘導による成果報酬型(アフィリエイト)収入は得ないという。

 日本の出版社の参加数はまだ少ないが、順次増やしていく方針。


[2007年7月5日/IT PLUS]
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米グーグル、「本の中身」検索サービス開始

米グーグル、「本の中身」検索サービス開始
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070705AT1D0505J05072007.html
NIKKEI NET

 米グーグルは5日、書籍の全文をキーワードで検索し、内容を見られる「グーグル・ブック検索」サービスの日本版を始めたと発表した。日本の出版社を含む1万社以上、100万点以上の作品を検索できる。出版市場は縮小を続けているが、インターネット上での試し読みが広がれば、潜在需要の掘り起こしにつながる可能性がある。

 国内出版社ではIT関連のインプレスジャパン(東京・千代田)などの作品がすでに検索できる。検索した後、検索キーワードが登場する前後数ページだけが読める「部分プレビュー」と、全文通して読める「全文表示」がある。出版社が作品ごとに表示範囲を指定する仕組み。目次や書籍情報だけの場合もある。

 アマゾンジャパン(東京・渋谷)などオンライン書店へのリンクも表示し、利用者が興味を持った書籍を購入しやすくした。グーグルは、検索対象をネット上の外にある書籍情報にまで広げることで利用者の利便性を高める狙い。(22:03)

posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「本の中身」検索に日本語版 グーグル開設 全文閲覧も

「本の中身」検索に日本語版 グーグル開設 全文閲覧も
2007年07月05日20時48分
http://www.asahi.com/business/update/0705/TKY200707050341.html
朝日新聞

 インターネット検索の世界最大手、米グーグルは5日、書籍の中身を日本語で検索できるサイトを開設した。出版社から提供を受けた書籍を電子データ化して登録し、利用者がキーワードを入力すれば、その言葉を含む書籍の全文、または一部が閲覧できる。図書館蔵書の検索も始める予定で、まず有力大学1校と提携する。すでにこのサービスを始めている米国では著作権問題を巡る議論も呼んでおり、日本でも同様の問題が浮上する可能性がある。


グーグルの書籍検索サービス「ブック検索」の日本語版画面=グーグル提供
 新サービスは「グーグルブック検索」(http://books.google.co.jp/)。世界70カ国で約100万冊の検索が可能だが、日本語で当初利用できるのは数万冊という。

 著作権保護期間が切れた書籍は全文が表示され、文章をダウンロードしてパソコンに取り込むこともできる。保護期間中の書籍は、全分量の最低2割が検索対象となる。検索した単語を含むページやその前後のページが見られるが、コピーや印刷はできない仕組みになっている。検索した書籍を、そのままネット通販サイトにつなげて購入することもできる。

 ネット通販大手のアマゾンジャパンが05年11月から、1回の検索でその単語を含む計5ページが見られるサービスを提供している。

 グーグルは従来、サイト内のデータを収集し検索可能な情報に整理してきたが、書籍のようなネットにつながらない情報のデータベース化も強化する。
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グーグル、書籍内容を検索できる「Google ブック検索」日本語版を開始

グーグル、書籍内容を検索できる「Google ブック検索」日本語版を開始
2007/07/05 12:10
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/18710.html
BroadbandWatch

 グーグルは5日、書籍の全文を検索できる「Google ブック検索」日本語版ベータを7月2日に公開したと発表した。利用は無料。

■ 書籍の全文を検索して「立ち読み」感覚で結果を表示

 Google ブック検索は、英語圏で提供している「Google Book Search」の日本語版となる検索サービス。グーグルでは、2006年5月に出版社からの登録受付を開始。当初は、2006年内のサービス開始を予定していたが、最終的に2007年7月にずれ込んだことになる。

 同サービスでは、ユーザーが検索した語句に一致する書籍が見つかると、書籍名や筆者名、サムネイル画像を検索結果ページに表示。この中で、出版社・筆者からの許可がある書籍は内容の一部が閲覧可能で、著作権が消滅している書籍に関しては全文をプレビュー表示できる。
 検索結果は「全文表示」「部分プレビュー」「スニペット表示」「プレビューが利用できない書籍」の4通りで表示方法が異なる。全文表示は著作権が消滅、もしくは出版社が全文表示を許可しているケースで、すべてのページをWeb上で閲覧できるほか、印刷やPDF出力にも対応する。プレビュー表示ができない書籍はGoogleがデジタル化していない書籍で、この場合はGoogleの持つメタデータやWeb検索結果などを表示する。

 部分プレビューとスニペット表示は、どちらも書籍の全文検索が可能だが、部分プレビューはパートナーの出版社から提供された書籍、スニペット表示は出版社から提供を受けていない書籍という点が異なる。部分プレビューではユーザーが検索したキーワードを含むページを、書籍全体の20%まで部分的にプレビュー表示できる。スニペット表示の場合、ユーザーが閲覧できるのはページ数や目次、ISBNコードといった書籍のデータやキーワードが検索された回数などで、書籍の中身は確認できない。

 部分プレビューで表示できる範囲は特定のページに限定されておらず、キーワードごとに異なるページが20%まで表示される。ただし、検索を繰り返してすべてのページを入手できないように、書籍の数%に相当するページは検索対象にはなるが部分プレビューでは表示されない。出版社の希望次第では表示範囲のパーセンテージを上げることも可能だが、20%を下回る設定はできない。また、全文表示では可能な印刷やPDF出力も、部分プレビューでは利用できなくなっている。

 全文表示、部分プレビュー、スニペット表示では、書籍を購入するためのリンクも用意。現時点ではAmazon.co.jp、紀伊國屋書店 BookWeb、楽天ブックス、セブンアンドワイへのリンクが用意されているほか、出版社へのリンクを検索結果に表示することもできる。また、オンラインで購入できないユーザーのために、検索結果から地域情報を入力することで周囲の書店情報をGoogle マップで表示する機能も用意されている。

 検索結果の表示順は、書籍に関するレビューや図書館からの情報、他の書籍を引用しているといったデータを踏まえ、検索したキーワードへの最適化を図った上で順位付けを実施。また、部分プレビューや全文表示など、検索結果の表示方法を指定して検索することもできる。

■ 「書籍もWebページ感覚で検索可能に」

 Google ブックのサービス開始に合わせて行なわれた説明会では、米Googleでプロダクト・マーネージメント・ディレクターを務めるアダム・スミス氏と、コンテンツ・パートナーシップ・ディレクターのジム・ガーバー氏が来日し、サービスの概要やコンセプトについて語った。

 スミス氏は「世界中の情報を体系化し、アクセス可能で有益なものにする」というGoogleの理念を説明した上で、「これまで多くのデジタル化された情報を整理してきただけでなく、デジタル化されていない情報もGoogle Earthのように整理の対象としてきた」とコメント。Google ブック検索により「書籍もWebページと同じくらい簡単に見つけられるようになった」とのメリットを示した。

 Google ブック検索は日本を含めて10言語、70カ国以上で提供されており、書籍数は100万タイトル以上、参加出版社は1万社以上に上り、25の図書館からも書籍情報の提供を受けているという。日本でのデータは明らかにされていないが、2006年から日本での出版社登録を受け付けており、大手で10数社、書籍数は全体の数%程度が現時点で含まれているとした。

 書籍のデータはパートナーシッププログラムを結んだ出版社と、図書館プロジェクトに参加した図書館という2つの方法で提供を受けている。スミス氏は「世界中の書籍でGoogle ブック検索を作り上げていくのが我々のミッション」とし、「日本の出版社ともパートナーシップを結んでいきたい」との意欲を示した。

■ ブック検索は「出版社にとっても大きな価値のあるサービス」

 ガーバー氏はパートナーシッププログラムに関し、「出版社が不利益を被らないことを重要視している」と説明。「ブック検索に関しては出版社が100%のコントロール権を持つべき」とした上で、書籍ごとにブック検索の対象・非対象を選択できる、要望があれば検索対象から外す、もしくは再度検索対象として登録するといった対応も柔軟に行なっていくとした。

 収益面でも、ブック検索によるオンラインストアからの売上や手数料をGoogleが徴収することはないという。また、検索結果への広告表示も可能であり、広告料による収入を出版社が得ることも可能なほか、広告の表示・非表示の選択権も出版者側にあるという。ガーバー氏は「部分プレビューにのみ下部に表示されるだけが必ず表示される広告で、これがGoogleの収益源になる」と説明した。

 こうした出版社への配慮と対応を踏まえた上で、ガーバー氏は米国の成功事例を紹介。SIMON & SCHUSTERでは、オンライン販売へのリンクをクリックしたうち実際に購入する、もしくは書籍情報の購読を選択するというコンバージョンレートが、検索エンジン経由では数%だったのがブック検索では15.3%にまで向上したほか、Blackwellではプロモーションを行なっていない古い書籍の売上が伸びるというロングテール現象が起きているとした。

 ガーバー氏は、「ブック検索では、ページの閲覧数や購入したユーザー数なども確認でき、広告収入も得られる。また、気に入らない場合はすぐにパートナーシッププログラムから引き上げることもできる」と出版社に対するブック検索のメリットを説明。「ブック検索は出版社にとってデメリットではなく、非常に大きな価値のあるサービスだ」とした。

■ URL
  Google ブック検索
  http://books.google.co.jp/

(甲斐祐樹, 村松健至)
2007/07/05 12:10
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

「Google Book Search」に新機能、書籍の内容をプレーンテキストで表示

「Google Book Search」に新機能、書籍の内容をプレーンテキストで表示
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/07/04/16242.html


 米Googleは3日、「Google Book Search」に新機能を追加した。パブリックドメイン書籍の内容をプレーンテキストで表示できる機能だ。

 従来は、パブリックドメインとなった書籍は画像イメージとして全文を読むことができた。今回追加された機能は、右欄にある「プレーンテキストを見る」というリンクをクリックすることによって、書籍の内容を抽出したプレーンテキストが表示されるというものだ。メニュー画面は既に日本語化されている。

 この機能は視覚障害者にとって非常に有用な技術だ。プレーンテキストであれば、音声読み上げ機能を持ったスクリーンリーダーや、点字ディスプレイで「読む」ことができるからだ。実際この機能追加は、Googleのアクセシビリティ向上チームが開発したという。

 プレーンテキストの表示機能は、著作権が切れたパブリックドメインとなっている書籍すべてで利用できる。


--------------------------------------------------------------------------------
関連情報

■URL
  Google Book Search公式ブログの該当記事(英文)
  http://booksearch.blogspot.com/2007/07/greater-access-to-public-domain-works.html
  Google公式ブログの該当記事(英文)
  http://googleblog.blogspot.com/2007/07/ever-more-books-to-read.html

■関連記事
・ 「Google Book Search」で著作権切れ書籍の無料PDFダウンロードを開始(2006/08/31)

( 青木大我 taiga@scientist.com )
2007/07/04 12:44

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

The Google Five Libraries: Two Years, Six Months, and Seven Days in the Life of Google Library Project

PLA Blog
The Google Five Libraries: Two Years, Six Months, and Seven Days in the Life of Google Library Project
Saturday, June 23rd, 2007 by Rick Roche


Is there no downside to being a library partner in the Google Library Project? Until pressed by members of the audience, the five-member panel only admitted it was a lot of work and the lawsuits were annoying. The panelists all seemed almost unconcerned that they really do not know what the ramifications of the project are.

The meeting began with a bit of history. In December 2004, when Google was rolling out lots of products, it announced Google Print, a project to make full texts available for reading and printing from the web. Within weeks the company also announced that it had agreements with five large libraries to digitize their printed materials and make them searchable on the web. Many librarians thought the idea was great, but publishers and authors objected. The upset parties filed lawsuits against Google and the libraries. In Fall 2005 the project was renamed Google Books.

Adam Smith, the Product Management Director of the Google Book Search summed up the status of the project. As of June 2007, there are 25 libraries providing are scheduled to join the project, whose goal is making searching books as easy as searching the web. He also said that around 10,000 publishers had signed on to provide content at differing levels. Some have full texts, some sample pages, and others snippets with keywords. He said that Google Book Search had been integrated with Google Universal Search, and showed that special “About This Book” pages combining metadata, reviews, book backgrounds, and library holdings are being added to Google Book Search.

The five libraries are Harvard, University of Michigan, New York Public, Stanford, and Oxford University’s Bodleian. Their panelists indicated that libraries themselves had differing objectives, but all admitted they signed on because they were failing to digitize at fast enough rate before Google made its tempting offer. Though the number of items digitized to date is being treated like an industry secret, they all claim that they are much farther along than before the web giant stepped in.

The obvious benefit for the five is items are being made digitally available. There are many side benefits. The work has forced the libraries to pull out seldom used materials. They have discovered items that were never catalogued or added to online database. The Bodleian even discovered many books whose pages had never been cut. They have to varying degrees discovered how damaged their books are by time and usage. (Brittle and breaking spine items are not being scanned.) They are getting new ideas for bibliographic description and finding new ways to share their resources.

Several of the panelists said that Google Book Search is sparking requests for materials in a way that being part of other online catalogs never did. This is where public libraries benefit. Because full texts are searchable, subjects are being found in books that researches had never considered.

The program became more interesting when the audience began its questions. Some of the project disappointments began to be revealed. Much was made of the limitations of sticking only to public domain known items for digitization. To be safe, several of the libraries have stuck to pre-1923 books. One speaker said that many 1923-1964 books are now in the public domain but no one knows what titles, as no one has ever reported on copyrights not renewed. The University of Michigan has a team now systematically checking 1923-1964 copyright renewals. It is estimated if these books can be identified, the body of public domain items will double.

The panelist also admitted that the quality of the digital documents is not good enough to be considered preservation. The goal is just to make the items searchable on the web. At this, the project is successful already. What lies ahead is uncertain. One panelist said that until much copyrighted material can also be added and open for reading and printing, the project is not really complete.

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

Googleの書籍検索構想に米12大学が新規参加

Googleの書籍検索構想に米12大学が新規参加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070607/274012/?ST=ittrend

 米Googleは米国時間6月6日,同社の書籍本文検索プロジェクト「Google Books Library Project」に,米国の12大学で構成するコンソーシアム「Committee on Institutional Cooperation(CIC)」が加わったと発表した。GoogleはCICと協力し,参加大学の図書館から最大で1000万冊の蔵書を選択してデジタル化する。

 このプロジェクトには,すでにハーバード大学,スタンフォード大学,オックスフォード大学などが参加しており,CICが加わることで参加大学の数が倍増するという。今回,新たにシカゴ大学,イリノイ大学,インディアナ大学,アイオワ大学,ミネソタ大学など中西部の大学がこのプロジェクトに参加することになった。多くの大学が加わることで,それぞれがが保有する貴重な書籍コレクションにオンラインでアクセスできるようになる。

 Googleは,このプロジェクトでデジタル化したパブリック・ドメインの書籍ファイルをCICに提供する。CICは,これらのファイルを使って大学間で共有できるデジタル・レポジトリを作成するという。

 パブリック・ドメインの書籍については,オンラインで検索や閲覧が可能で,すべてのテキストを読むこともできる。著作権で保護されている書籍は,書籍名,著者名といった基本的な情報や,検索に関連する本文の数行,その書籍を購入または借りられる場所などの情報が表示される。

(ITpro)  [2007/06/07]
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GoogleのLibrary Projectに大学コンソーシアムCICが参加

GoogleのLibrary Projectに大学コンソーシアムCICが参加
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/07/news016.html

CICはシカゴ大学やイリノイ大学など、全米12校の大学が構成するコンソーシアム。
2007年06月07日 08時15分 更新

 米Googleは6月6日、Committee on Institutional Cooperation(CIC)がBook Search Library Projectに加わったと発表した。CICは全米12校の大学が構成するコンソーシアムで、シカゴ大学、イリノイ大学、インディアナ大学、アイオワ大学、ミシガン大学、ミシガン州立大学、ミネソタ大学、ノースウェスタン大学、オハイオ州立大学、ペンシルベニア州立大学、パーデュー大学、ウィスコンシン大学マディソン校が参加している。GoogleはCICと協力、参加大学の図書館から、1000万冊近い蔵書を選択、デジタル化する。

 Googleはプロジェクト向けにデジタル化したパブリックドメインの書籍のデジタルコピーをCICに提供する。CICはこれらコピーからデジタルリポジトリを作成、CIC間で共有することができる。

 著作権の切れた書籍については、ユーザーはオンライン上で自由に検索、ブラウズ、フルテキストを読むことができる。著作権がある書籍については、書籍のタイトルや著者名などの基本情報と、検索に関連する内容数行、およびその書籍が購入または借りられる場所の情報が表示される。

 CICメンバーのうち、ミシガン大学とウィスコンシン大学マディソン校は、既にGoogleのBook Search Library Projectに参加している。

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。