2007年08月10日

Google Book Searchにコーネル大学が参加

Google Book Searchにコーネル大学が参加
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/10/news016.html
ITmedia
2007年08月10日 08時14分 更新

 米コーネル大学は8月7日、Googleの書籍検索サービス「Google Book Search」に参加することを明らかにした。Googleはコーネル大学図書館の蔵書のうち50万冊をデジタル化し、Google Book Searchで利用できるようにする。

 デジタル化が決定したのは、20施設あるコーネル大学図書館のうち、マン図書館に保管されている蔵書。同図書館の蔵書は、生物科学、天然資源、動植物、環境科学、応用経済学、公共政策および管理、人間発達、アパレルおよび繊維、栄養および食品科学など多岐にわたる。

 Google Book Search Library Projectに参加を表明した図書館は、コーネル大学で27番目となる。
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

「Google Book Search」に新機能、書籍の内容をプレーンテキストで表示

「Google Book Search」に新機能、書籍の内容をプレーンテキストで表示
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/07/04/16242.html


 米Googleは3日、「Google Book Search」に新機能を追加した。パブリックドメイン書籍の内容をプレーンテキストで表示できる機能だ。

 従来は、パブリックドメインとなった書籍は画像イメージとして全文を読むことができた。今回追加された機能は、右欄にある「プレーンテキストを見る」というリンクをクリックすることによって、書籍の内容を抽出したプレーンテキストが表示されるというものだ。メニュー画面は既に日本語化されている。

 この機能は視覚障害者にとって非常に有用な技術だ。プレーンテキストであれば、音声読み上げ機能を持ったスクリーンリーダーや、点字ディスプレイで「読む」ことができるからだ。実際この機能追加は、Googleのアクセシビリティ向上チームが開発したという。

 プレーンテキストの表示機能は、著作権が切れたパブリックドメインとなっている書籍すべてで利用できる。


--------------------------------------------------------------------------------
関連情報

■URL
  Google Book Search公式ブログの該当記事(英文)
  http://booksearch.blogspot.com/2007/07/greater-access-to-public-domain-works.html
  Google公式ブログの該当記事(英文)
  http://googleblog.blogspot.com/2007/07/ever-more-books-to-read.html

■関連記事
・ 「Google Book Search」で著作権切れ書籍の無料PDFダウンロードを開始(2006/08/31)

( 青木大我 taiga@scientist.com )
2007/07/04 12:44

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月23日

The Google Five Libraries: Two Years, Six Months, and Seven Days in the Life of Google Library Project

PLA Blog
The Google Five Libraries: Two Years, Six Months, and Seven Days in the Life of Google Library Project
Saturday, June 23rd, 2007 by Rick Roche


Is there no downside to being a library partner in the Google Library Project? Until pressed by members of the audience, the five-member panel only admitted it was a lot of work and the lawsuits were annoying. The panelists all seemed almost unconcerned that they really do not know what the ramifications of the project are.

The meeting began with a bit of history. In December 2004, when Google was rolling out lots of products, it announced Google Print, a project to make full texts available for reading and printing from the web. Within weeks the company also announced that it had agreements with five large libraries to digitize their printed materials and make them searchable on the web. Many librarians thought the idea was great, but publishers and authors objected. The upset parties filed lawsuits against Google and the libraries. In Fall 2005 the project was renamed Google Books.

Adam Smith, the Product Management Director of the Google Book Search summed up the status of the project. As of June 2007, there are 25 libraries providing are scheduled to join the project, whose goal is making searching books as easy as searching the web. He also said that around 10,000 publishers had signed on to provide content at differing levels. Some have full texts, some sample pages, and others snippets with keywords. He said that Google Book Search had been integrated with Google Universal Search, and showed that special “About This Book” pages combining metadata, reviews, book backgrounds, and library holdings are being added to Google Book Search.

The five libraries are Harvard, University of Michigan, New York Public, Stanford, and Oxford University’s Bodleian. Their panelists indicated that libraries themselves had differing objectives, but all admitted they signed on because they were failing to digitize at fast enough rate before Google made its tempting offer. Though the number of items digitized to date is being treated like an industry secret, they all claim that they are much farther along than before the web giant stepped in.

The obvious benefit for the five is items are being made digitally available. There are many side benefits. The work has forced the libraries to pull out seldom used materials. They have discovered items that were never catalogued or added to online database. The Bodleian even discovered many books whose pages had never been cut. They have to varying degrees discovered how damaged their books are by time and usage. (Brittle and breaking spine items are not being scanned.) They are getting new ideas for bibliographic description and finding new ways to share their resources.

Several of the panelists said that Google Book Search is sparking requests for materials in a way that being part of other online catalogs never did. This is where public libraries benefit. Because full texts are searchable, subjects are being found in books that researches had never considered.

The program became more interesting when the audience began its questions. Some of the project disappointments began to be revealed. Much was made of the limitations of sticking only to public domain known items for digitization. To be safe, several of the libraries have stuck to pre-1923 books. One speaker said that many 1923-1964 books are now in the public domain but no one knows what titles, as no one has ever reported on copyrights not renewed. The University of Michigan has a team now systematically checking 1923-1964 copyright renewals. It is estimated if these books can be identified, the body of public domain items will double.

The panelist also admitted that the quality of the digital documents is not good enough to be considered preservation. The goal is just to make the items searchable on the web. At this, the project is successful already. What lies ahead is uncertain. One panelist said that until much copyrighted material can also be added and open for reading and printing, the project is not really complete.

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

Googleの書籍検索構想に米12大学が新規参加

Googleの書籍検索構想に米12大学が新規参加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070607/274012/?ST=ittrend

 米Googleは米国時間6月6日,同社の書籍本文検索プロジェクト「Google Books Library Project」に,米国の12大学で構成するコンソーシアム「Committee on Institutional Cooperation(CIC)」が加わったと発表した。GoogleはCICと協力し,参加大学の図書館から最大で1000万冊の蔵書を選択してデジタル化する。

 このプロジェクトには,すでにハーバード大学,スタンフォード大学,オックスフォード大学などが参加しており,CICが加わることで参加大学の数が倍増するという。今回,新たにシカゴ大学,イリノイ大学,インディアナ大学,アイオワ大学,ミネソタ大学など中西部の大学がこのプロジェクトに参加することになった。多くの大学が加わることで,それぞれがが保有する貴重な書籍コレクションにオンラインでアクセスできるようになる。

 Googleは,このプロジェクトでデジタル化したパブリック・ドメインの書籍ファイルをCICに提供する。CICは,これらのファイルを使って大学間で共有できるデジタル・レポジトリを作成するという。

 パブリック・ドメインの書籍については,オンラインで検索や閲覧が可能で,すべてのテキストを読むこともできる。著作権で保護されている書籍は,書籍名,著者名といった基本的な情報や,検索に関連する本文の数行,その書籍を購入または借りられる場所などの情報が表示される。

(ITpro)  [2007/06/07]
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GoogleのLibrary Projectに大学コンソーシアムCICが参加

GoogleのLibrary Projectに大学コンソーシアムCICが参加
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0706/07/news016.html

CICはシカゴ大学やイリノイ大学など、全米12校の大学が構成するコンソーシアム。
2007年06月07日 08時15分 更新

 米Googleは6月6日、Committee on Institutional Cooperation(CIC)がBook Search Library Projectに加わったと発表した。CICは全米12校の大学が構成するコンソーシアムで、シカゴ大学、イリノイ大学、インディアナ大学、アイオワ大学、ミシガン大学、ミシガン州立大学、ミネソタ大学、ノースウェスタン大学、オハイオ州立大学、ペンシルベニア州立大学、パーデュー大学、ウィスコンシン大学マディソン校が参加している。GoogleはCICと協力、参加大学の図書館から、1000万冊近い蔵書を選択、デジタル化する。

 Googleはプロジェクト向けにデジタル化したパブリックドメインの書籍のデジタルコピーをCICに提供する。CICはこれらコピーからデジタルリポジトリを作成、CIC間で共有することができる。

 著作権の切れた書籍については、ユーザーはオンライン上で自由に検索、ブラウズ、フルテキストを読むことができる。著作権がある書籍については、書籍のタイトルや著者名などの基本情報と、検索に関連する内容数行、およびその書籍が購入または借りられる場所の情報が表示される。

 CICメンバーのうち、ミシガン大学とウィスコンシン大学マディソン校は、既にGoogleのBook Search Library Projectに参加している。

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

Google Book Search、「デジタル化まだ」の本も検索可能に

Google Book Search、「デジタル化まだ」の本も検索可能に

デジタル化されていない本でも、あらすじやレビュー、所蔵図書館を探すためのリンクなどの情報が入手できるようになった。
2007年05月19日 08時37分 更新
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0705/19/news001.html

 米Googleは5月17日、書籍検索サービス「Google Book Search」のアップデートを公式ブログで発表した。Google Book Searchでは、世界の図書館と提携、書籍本文の全文検索ができるよう蔵書のデジタル化を進めているが、今回のアップデートは、まだデジタル化されていない書籍が対象。

 こうした「アナログ」書籍の検索では、本文の閲覧はできないが、あらすじやその書籍に関するレビュー、関連Webサイトなどの情報が入手できるようになった。また、その本がどの図書館に所蔵されているかを探したり、オンラインで購入するためのリンクも表示される。

 Googleでは、書籍のデジタル化を進めると同時に、デジタル化されていない多くの書籍も検索可能とすることで、Google Book Searchを最も包括的な書籍検索サービスにしたいとしている。

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

ローザンヌ大学図書館、“Google Book Search”に参加

2007年5月16日(水曜日)
ローザンヌ大学図書館、“Google Book Search”に参加

2007年5月15日、スイスのローザンヌ大学図書館が“Google Book Search”に参加することを発表しました。
17〜19世紀にかけてのフランス語図書を中心に、約10万冊を電子化するとのことです。また、大学のプレス・リリースや“Google Librarian Central”の記事によると、日本語図書も電子化の対象に含まれるようです。

100′000 livres de la BCU numerises:avec l’aide de Google Book Search
http://www.unil.ch/Jahia/site/bcu/cache/off/
pid/16159?showActu=1179242022222.xml&actunilParam=news

Welcome, Lausanne University Library
http://librariancentral.blogspot.com/2007/05/welcome-lausanne-university-library.html

University of Lausanne and Google make thousands of French books available online
http://booksearch.blogspot.com/2007/05/university-of-lausanne-and-google-make.html

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

反グーグル包囲網 米メディアがライバルと提携

反グーグル包囲網 米メディアがライバルと提携
http://www.asahi.com/business/topics/TKY200704160008.html
2007年04月16日

 ライバルたちの包囲網と著作権侵害への批判。「検索連動型広告」で破竹の勢いで成長を続けてきた「グーグル」が揺さぶられています。


●動画配信へ「合法サイト」

 「質が高い動画を合法的に配信できることを証明する」

 米メディア・娯楽大手NBCユニバーサルとニューズ社は3月22日、今夏からインターネットを通じてテレビ番組や映画などの大半を無料配信すると発表した際の談話で、新サービスが著作権を守る「合法サイト」であることを強調した。名指しこそ避けたものの、「著作権侵害の温床」との批判が強いグーグル傘下の動画投稿サイト・ユーチューブへの強い対抗心をあらわにした。

 米3大ネットワークの一つNBCや映画ユニバーサルを傘下に置くNBCユニバーサルと、テレビ局「フォックス」や映画「20世紀フォックス」を持つニューズ社。配信するのは、ドラマ「24」やアニメ「ザ・シンプソンズ」、今年のアカデミー賞候補作の映画「リトル・ミス・サンシャイン」などいずれも米国で人気の作品だ。

 しかも、両社は配信パートナーとしてグーグルのライバル・米ヤフーやマイクロソフトのMSN、AOL、マイスペース・ドット・コムと提携し、「米ネット利用者の96%に配信できる」と息巻く。グーグルの攻勢に押されていたメディアによる「包囲網」で、アナリストは「これほどの企業が結集したのはすごい」と驚く。

 今は動画配信でグーグル・ユーチューブ連合がシェア約8割を握る。だが、時間制限のあるユーチューブと違い、NBCなどの新サイトはテレビ番組などを一本まるまる視聴でき、開設当初から数1000本単位の作品を用意するという。グーグルにとってはかつてない強力なライバルの出現となりそうだ。


●「著作権侵害」強まる批判

 「グーグルは著作権者の収入源を奪っている」

 マイクロソフトの顧問弁護士トーマス・ルービン氏は3月6日、米出版社協会での講演で、グーグルの「著作権保護への無頓着な態度」を痛烈に批判した。

 問題にしたのは、ユーチューブの動画投稿サイトのほか、グーグルが04年から始めた「ネット図書館」。米ハーバード大や著名図書館の蔵書をスキャンしてデジタル化し、ネット上で閲覧できるようにする計画。実現すれば、世界の貴重な蔵書がどこにいても瞬時に手に入る「夢の図書館」で、すでに一部は読めるようになっている。近く日本でも出版社と提携し、サービスを始める予定だ。

 だが、著作権保有者らは強く反発し、賠償訴訟が起きている。

 ユーチューブの動画投稿サイトに対しても、メディア・娯楽大手で音楽専門局「MTV」などを傘下に持つバイアコムが3月上旬、「約16万本の映像が15億回以上も無断で視聴された」と指摘。グーグルとユーチューブを相手に10億ドル(約1190億円)以上の損害賠償を求め提訴した。日本の著作権団体やテレビ局も、違法投稿の削除を要求している。

 こうした動きに対し、グーグルのエリック・シュミット最高経営責任者(CEO)は「(ネットでの閲覧は)新たな収益機会とみるべきだ」などと反論する。

 グーグルが昨年にユーチューブを買収する際、NBCやソニーBMGなど大手メディアはグーグルなどと提携し、サイトへの投稿を認める代わりに広告収入を分け合う方針に転換した。サイトのパワーを認め、両者は歩み寄ったかに見えた。

 ところがほかの大手などが「反グーグル」でまとまり、既存メディアとの協調路線は崩れた。ユーチューブなどの閲覧数も最近、伸び悩んでいる。圧倒的な閲覧シェアの獲得を狙って膨張してきたグーグルの事業環境は厳しさを増している。


●成長続けるグーグル 米で50%超す検索シェア

 グーグルは、米国での検索件数シェアが50%を超え、ヤフーやマイクロソフトを大きく引き離す。検索件数が増えれば増えるほど、グーグルの収益力は増す。「検索連動型広告」で得られる収入が、売上高のほぼ100%を占めるからだ。

 昨年はグーグル最大の投資となる約2千億円でユーチューブを買収。06年10〜12月期の当期利益は前年同期の約3倍の10億ドル(約1190億円)まで膨らんだ。さらに今月13日には米ネット広告大手ダブルクリックの約3700億円での買収に合意するなど積極的な拡大戦略を続けている。

 広告収入を元手に、米マイクロソフトが有料で売る「エクセル」や「ワード」とほとんど同じ機能をネット上で提供する表計算や文書作成サービスも無料で、業界の「巨人」マイクロソフトを脅かす存在にまでなった。
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

Google書籍検索構想に独最大級の図書館が参画

Google書籍検索構想に独最大級の図書館が参画
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070309/264367/?ST=ittrend

 米Googleの書籍本文検索プロジェクト「Google Books Library Project」に,ドイツのバイエルン州立図書館(Bayerische Staatsbibliothek)が参加する。Googleが推進するGoogle Book Searchの欧州/中東/アフリカ部門を指揮するJens Redmer氏が米国時間3月6日に,同社のブログ(Inside Google Book Search)で明らかにした。

 バイエルン州立図書館は同プロジェクトに参加している非英語圏の図書館で最大規模であり,著作権切れの100万冊以上の書籍を同プロジェクトに提供する。その結果,グリム兄弟やゲーテなどのドイツ語による古典作品が,書籍検索サイト「Google Book Search」(ベータ版)で検索/閲覧可能となる。同図書館が提供する書籍には,ドイツ語だけでなく,フランス語/スペイン語/ラテン語/イタリア語/英語の著作権切れ作品も含まれる。

 米メディアのCNET(CNET News.com)によると,バイエルン州立図書館はドイツ語圏全体においても最大級の図書館で,総蔵書数は900万冊以上という。ドイツにおける著作権の有効期間は著者の死後70年と報じている。

[Redmer氏の投稿]

(ITpro)  [2007/03/09]
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

Google、Book Searchを中国でも提供

Google、Book Searchを中国でも提供 - 共同プロジェクトにも参加
2007/03/08
http://journal.mycom.co.jp/news/2007/03/08/386.html

ITエンジニア(ERP/SAP)に目標と希望、そして素晴らしい現実を! Windowsネットワーク環境での内部統制強化について詳しく解説! Vistaにも対応「SmartHDD Pro ハードディスク診断」モニター募集。 正社員の時よりも高収入かも。SEなら約70%の案件が月収40万円以上。
Google(谷歌)がこのほど、図書検索簡体中国語ベータ版を発表した。これにより、Google Book Searchの対応言語は8カ国語となった。

Googleは目下、20社近くにのぼる中国国内出版社と提携関係を結んでいる。3月6日には国務院新聞弁公室、新聞出版署に協力し、「中国図書対外推進計画」に参加すると発表した。

これは、全文検索まで提供する図書検索製品で、中国語ユーザーは探したい図書の名称がはっきりと分からない場合でも、キーワードを入力することで関連図書を探し出し、購入することができるという。

伝統的な図書館式の書籍登録と検索方式では、まず図書管理者が本の内容についてダイジェスト登録を行い、その後でダイジェストをパソコンで識別できるデータとして入力する。当然検索できる図書は人為的に作成されたダイジェスト部分だけだ。Google図書検索は、本に収録されている全内容をスキャンするほか、OCRでスキャンした画像までを検索可能なテキスト情報に変換してしまう。

この技術により、「塵まみれ」になっていた古典名作が時間と地理的な制限を受けることなく、あるいは薄暗がりの書庫にほったらかしにされなくて済む。読者や、出版社が受ける恩恵も大きい。いつでも、原典のありのままの姿を見ることができるし、出版社は労力の要る棚卸しから開放される。

現時点までに、Googleが全世界に向けて公開している多言語図書検索には100万冊余りの書籍が含まれているが、中国ではその作業がスタートしたばかり。今後の道のりは長い。現段階では図書検索中国語ベータ版で調べられる書籍の数もまだまだ限られているが、いまも多くの書籍がスキャン中であるという。古典国学類の書籍の収録数は比較的多いといわれ、中国語現代書籍の収録にどれだけ多くの出版社が参画するかがカギとなりそうだ。。

Googleは全世界で出版社、図書館、教育機関など、著作権・書籍を所有する企業・機関との提携を続けている。Googleのスポークスマンは中国語図書の数については明言を避け、成長が非常に速いとするにとどめた。
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

Google Books Library Projectにドイツ語圏2位の学術図書館が参加

Google Books Library Projectにドイツ語圏2位の学術図書館が参加
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/03/07/14996.html

 米Googleは6日、世界各地の大学図書館の蔵書を検索できるようにするGoogle Books Library Projectに、ドイツのBayerische Staatsbibliothek(バイエルン国立図書館)が参加することで合意したと発表した。Google Books公式ブログで発表されたもので、英語圏以外の図書館としてはこれまでで最大の提携であるとしている。

 Google Books Library Projectでは著作権切れの書籍やパブリックドメインの書籍がインデックスされることになっており、バイエルン国立図書館での作業が始まり次第、同図書館でこれに該当する文献がインデックスされることになる。

 Googleの発表によれば、バイエルン国立図書館には100万冊以上の著作権切れ書籍があり、これらがGoogle Books Library Projectで利用される。その中にはグリム兄弟やゲーテの著作など、よく知られたドイツ文学の古典や、バイエルン国立図書館の書棚を探さなければ見つけ出すことができなかった書籍もある。それに加えて同図書館が保有するドイツ語以外の文献(フランス語、スペイン語、ラテン語、イタリア語、英語)の著作権切れ書籍もインデックスされることになっている。

 バイエルン国立図書館はドイツ語圏で2番目に大きな学術図書館とされる。蔵書は800万冊弱で、特に雑誌と論文誌の蔵書量では欧州で2番目のコレクションを保有するという。学術的に大きな意味を持つ蔵書も多く、印刷技術がこの世に登場して最初に印刷されたことが知られている印刷物の約3分の1がこの図書館に保管されているとされる。その中には有名なグーテンベルク聖書も含まれている。

 Google Books Library Projectでは現在、12の図書館と提携している。そのうち10は欧米の英語圏の図書館であり、2つはスペイン語圏の図書館である。

■URL
  Google Books公式ブログの該当記事(英文)
  http://booksearch.blogspot.com/2007/03/bavarian-state-library-becomes-largest.html

2007/03/07 12:26

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft,出版業界団体の総会でGoogleの書籍検索サービスを著作権侵害と批判

Microsoft,出版業界団体の総会でGoogleの書籍検索サービスを著作権侵害と批判
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070307/264083/?ST=ittrend

 米Microsoftの著作権/商標/トレード・シークレット担当顧問弁護士であるThomas C. Rubin氏は米国時間3月6日,米国出版者協会(AAP:Association of American Publishers)の年次総会で「Searching for Principles:Online Services and Intellectual Property」(原則を探して:オンライン・サービスと知的財産)と題するスピーチにおいて,米Googleの書籍検索サービス「Google Book Search」(ベータ版)などを著作権侵害として批判する。Microsoftが3月5日に明らかにしたもの。

 Rubin氏は,デジタル化されたコンテンツの著作権保護と知的財産権の重要な問題に対するMicrosoftの姿勢を述べる。スピーチのなかで,同氏は「著作権所有者の権利を侵害することなく,オンライン・コンテンツを消費者に提供するというMicrosoftの考え」(Microsoft)の概要を話す。ただし,スピーチのかなりの部分をGoogleによる著作権侵害の批判に充てる。

 Rubin氏によると,「GoogleはGoogle Book Searchの目標を達成するため,複数の図書館を説き伏せ,著作権付きおよびパブリック・ドメインの全蔵書を自由に閲覧できるようにした。出版社のなかには,著作権付き書籍の権利提供に合意したところもある」という。「ところがGoogleは奇抜なフェア・ユース(公正利用)の理論をでっち上げ,出版社との合意で対象外だった著作権付き書籍についても,著作権所有者の許可を得ることなく丸ごとコピーする権利があると,一方的に解釈した」(同氏)。

 こうしたGoogleの戦略について,Rubin氏は「他社よりも多くの書籍を,迅速かつ安価にオンライン検索できるようになることは確実で,短期的にはGoogleと同社のユーザーのメリットになるだろう」とする。ところが同氏は,長期的なコストに問題があるとしている。「長期的にみると,Googleは誤った道を選んだ。というのも,著作権を侵害すると同時に,作品を収入に変える大切な手段を著者や出版社から奪っているからだ。その結果,制作意欲が低下してしまう」(同氏)。

 さらにRubin氏は,Googleが買収した動画投稿サイト「YouTube」で著作権保護に向けた対策をとらないことや,海賊版ソフトウエアや音楽/映画コンテンツに関するキーワードで広告を掲載する行為についても批判する。

 なおAAPは,Googleの活動が著作権侵害にあたるとして訴訟を起こした(関連記事)。Googleは一時的に作業を中断していたが,その後再開している。

[Rubin氏のスピーチ原稿]
[Microsoftの発表]

(ITpro)  [2007/03/07]
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「書籍検索は著作権軽視」マイクロソフトがグーグル批判

「書籍検索は著作権軽視」マイクロソフトがグーグル批判
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=NN000Y414%2007032007

 【ニューヨーク6日共同】ソフトウエア最大手米マイクロソフト(MS)の著作権を担当する弁護士が6日、ニューヨークで開かれた米出版社協会の総会で講演、米検索大手グーグルによる書籍検索サービスが著作権を軽視していると主張した。

 グーグルが買収した米動画投稿サイト最大手、ユーチューブに掲載されたコンテンツの一部が著作権侵害に当たるとして放送局などから削除を求められるなど、情報技術(IT)産業の広がりとともに、著作権問題への関心が高まっている。

 書籍検索サービスは出版社などから提供された書籍をスキャンしてデジタル化、キーワードを入力すれば書名の検索や中身の閲覧ができる。

 MSの弁護士は「グーグルは著作権保護の実績が乏しい。ユーチューブにアクセスすれば、著作権を軽視しているのが分かるだろう」と指摘した。AP通信によると、グーグルは「国際的な著作権法に従っている」と反論している。

 グーグルは日本でも同種の書籍検索サービスを検討中。MSも著作権の切れた書籍などを対象に同様のサービスを計画しているという。


[2007年3月7日/共同]
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

Springerの書籍29,000タイトルがGoogle Book Searchで閲覧可能&売上が伸びた件

Springerの書籍29,000タイトルがGoogle Book Searchで閲覧可能
http://www.springer-sbm.de/index.php?id=291&backPID=132&L=0&tx_tnc_news=3182&cHash=ca86aa6e82

Springer刊行の書籍29,000タイトルの抜粋がGoogle Book Searchから閲覧できるようになった。特に工学とコンピューターサイエンス関係は「Buy this book」リンクを通じて売上が伸び、当初の心配を覆す結果となった。

-----------------------------------------------------
New York/Berlin, 1 March 2007

Springer: more than 29,000 titles now live in Google Book Search
Springer credits increased sales to Google

Springer Science+Business Media (www.springer.com), the world’s largest science, technology and medicine book publisher, has announced that more than 29,000 Springer titles are now live in Google Book Search, allowing users to easily discover and purchase these titles from local booksellers, online retailers and Springer itself. Springer also reported increasing interest in its older titles. The publisher attributes this growth, in part, to its involvement with the Google Book Search program.

“At first we were afraid about putting excerpts of our books on Book Search. We thought people might read and then leave,” said Paul Manning, Vice President, Book Sales at Springer. “Instead, Google has proven to be a powerful marketing tool. Last year, for example, Springer experienced increased sales of our backlist, after we started making our titles available through Google.”

Springer titles have been viewed as many as one million times in a one-month period through the Google program. Springer’s engineering and computer science books have done particularly well, representing 14 percent and 15 percent, respectively of the clicks on Google’s “buy this book” link. Springer titles published before 1997 account for 20 percent of all the company’s “buy this book” clicks on Google Book Search. In addition, 26 percent of users who click on “buy this book” select the link to Springer’s own website, driving additional traffic to the publisher’s own online platform.

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

Google書籍検索プロジェクトにプリンストン大学が参加

Google書籍検索プロジェクトにプリンストン大学が参加
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/06/news018.html
2007年02月06日 07時32分 更新

Google書籍検索プロジェクトに、アイビーリーグの名門プリンストン大学が参加することになった。

 米Googleは2月5日、書籍検索プロジェクトにプリンストン大学図書館が参加することを明らかにした。

 プリンストン大学図書館は600万冊を超える蔵書、500万以上の文書、200万以上の印刷物以外の作品を所有する。Googleと大学はこれらの中から、著作権の切れた約100万冊をデジタル化し、オンラインで閲覧できるようにする。

 プリンストン大学はGoogle書籍検索プロジェクトに参加した12番目の大学となった。

 同大学図書館は、米国がまだ植民地だった当時の米大陸会議の最初の開催場所であり、独立戦争をくぐりぬけ、修復と拡張を重ねて存続してきた、250年の歴史を誇る図書館だ。

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Library Projectに米Princeton Universityが参加

Google Library Projectに米Princeton Universityが参加
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/02/06/14693.html

 米Googleは5日、「Google Book Search Library Project」に米国の名門大学Princeton Universityが参加することになったと発表した。

 今後数年をかけてGoogleは、Princeton Universityと協力して、パブリックドメインとなった約100万冊の書籍をデジタル化する作業に取り組むことになる。これら書籍は著作権が切れているため、「Google Book Search」で全文テキストを見ることができるだけでなく、ダウンロード・印刷することもできるようになる。

 Princeton Universityには、現存する大学としては最大級の開架式図書館であるハーヴェイ S.ファイアストン図書館をはじめとする13の用途別図書館がキャンパスに点在しており、これらすべてが作業の対象となる。


--------------------------------------------------------------------------------
関連情報

■URL
  Google Book Search公式ブログの該当記事(英文)
  http://booksearch.blogspot.com/2007/02/welcoming-princeton-university-to.html

■関連記事
・ 「Google Book Search」で著作権切れ書籍の無料PDFダウンロードを開始(2006/08/31)
・ Google Libraryにスペインの大学図書館が参加、多言語化へ第一歩(2006/09/27)
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

Google書籍検索がGoogle Mapsとリンク

Google書籍検索がGoogle Mapsとリンク
2007年01月29日 18時07分 更新
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0701/29/news059.html
ITmedia

 Googleの書籍検索に、本の中に出てきた地名を地図表示する新機能が加わった。

 あの本に出てきたあの場所はどこにある――?

 Googleは先週、書籍の中に登場する地名を地図上に表示する機能を「Google Book Search」に導入した。

 Google Book Searchの検索結果ページで書籍タイトルの下にある「About this book」リンクをクリックすると、書籍に登場する地名をマッピングしたGoogle Mapsが表示される。その下には地名が登場するページと本文の抜粋が表示される。

 地図表示に適した場所が書籍の中に多数あるとGoogleのシステムが判断した場合にGoogle Mapsが表示されるため、書籍によっては地図が表示されないものもある。

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Book Search + Google Map

2007年1月29日(月曜日)
Google Book Search + Google Map

Google Book Searchのコンテンツに含まれている地理情報を、Google Map上に自動的に投影する機能が、Google Book Searchに加わったようです。(ただし、2007年1月29日現在、日本からは見られないようです。)

Books: Mapped - Inside Google Book Search
http://booksearch.blogspot.com/2007/01/books-mapped.html
Explore the world through books - Google Librarian Central
http://librariancentral.blogspot.com/2007/01/explore-world-through-books.html

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google書籍検索がGoogle Mapsとリンク

Google書籍検索がGoogle Mapsとリンク

Googleの書籍検索に、本の中に出てきた地名を地図表示する新機能が加わった。

2007年01月29日 18時07分 更新
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0701/29/news059.html

 あの本に出てきたあの場所はどこにある――?

 Googleは先週、書籍の中に登場する地名を地図上に表示する機能を「Google Book Search」に導入した。

 Google Book Searchの検索結果ページで書籍タイトルの下にある「About this book」リンクをクリックすると、書籍に登場する地名をマッピングしたGoogle Mapsが表示される。その下には地名が登場するページと本文の抜粋が表示される。

 地図表示に適した場所が書籍の中に多数あるとGoogleのシステムが判断した場合にGoogle Mapsが表示されるため、書籍によっては地図が表示されないものもある。

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Book Searchに新機能,書籍内に登場する場所を地図に表示

Google Book Searchに新機能,書籍内に登場する場所を地図に表示

 米Googleは書籍検索サイト「Google Book Search」(ベータ版)に,地図情報サービス「Google Maps」と連携する「Places mentioned in this book」を追加する。ソフトウエア・エンジニアのDavid Petrou氏が,Google Book Searchに関する公式ブログへの投稿で米国時間1月25日に明らかにした。

 Places mentioned in this bookは,書籍で触れている都市や場所を地図上で表示する。地図の下には,それぞれの場所が書籍内で登場する文章の一部と,記載されているページが表示される。

 1888年に発行されたニューヨーク観光ガイド「Illustrated New York」や2002年発行の「New York City」,トルストイの小説「戦争と平和」など,すでに一部の書籍について同機能の実装を始めている。Places mentioned in this bookは検索した書籍の「About this book」ページで閲覧できる。

 「旅行の企画や学術目的の地域リサーチに役立ててほしい。また,お気に入りの小説の登場人物がよく通う場所を視覚的に確認するという楽しみ方もできる」(Petrou氏)という。

[Petrou氏の投稿記事]
(ITpro)  [2007/01/29]

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070129/259815/
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。