2007年07月05日

グーグル、ブック検索の日本語版を開始

グーグル、ブック検索の日本語版を開始
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITba001005072007
[2007年7月5日/IT PLUS]

 グーグルは5日、書籍を検索することのできるブック検索サービスの日本語版(http://books.google.co.jp/)を開始したと発表した。グーグルがデジタルデータとしてデータベース化した書籍情報を、キーワード検索できる。

 グーグルは2004年からブック検索サービスを開始しており、現時点で日本語を含めて10カ国語でサービスを展開している。図書館や出版社から提供を受けた書籍をスキャナーで読み取りデジタルデータ化したり、出版社の場合はデジタルデータとして提供を受けたりしてデータベースを作成している。全世界では1万社以上の出版社が参加し、100万件以上の書籍が登録されている。

 検索をすると表紙画像の表示を許可されているものについては、表紙画像付のリストが表示される。検索結果で表示する内容は著作権の有無や出版社との契約によって、全文表示したり、部分的にページが見られたり、著者や目次などの基本的な情報だけを表示したりなど異なってくる。契約をしていない出版社の書籍についても一部は書名や著者名などの基本情報だけをデータベース化している場合もある。

 グーグルは書籍の内容ページの下部に表示する広告によって収益を得る。アマゾンやオライリーなどの書籍販売サイトへのリンクも表示するが、そうしたページへの誘導による成果報酬型(アフィリエイト)収入は得ないという。

 日本の出版社の参加数はまだ少ないが、順次増やしていく方針。


[2007年7月5日/IT PLUS]
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。