2007年07月06日

慶應義塾図書館、Google ブック検索に参加、著作権切れ書籍をネット公開

慶應義塾図書館、Google ブック検索に参加、著作権切れ書籍をネット公開
http://japan.internet.com/busnews/20070706/4.html
2007年7月6日 15:00
著者: japan.internet.com 編集部

Google は、2007年7月6日、慶應義塾図書館が、日本の図書館としては初めて、Google ブック検索 図書館プロジェクトのパートナーに加わったことを発表した。

慶應義塾図書館には200万冊以上の書籍があるが、今後、著作権の保護期間の切れた書籍約12万冊を対象として、Google と慶應義塾図書館が協同して書籍のデジタル化に取り組む。

これにより、世界中のユーザーが、Google ブック検索で検索をすることにより、書籍の閲覧が可能となる。

Google ブック検索では、書籍は2つの方法でデジタル化されている。1つはパートナープログラムであり、これは書籍の販売促進のために出版社から書籍の提供を受け、一部のページのみ閲覧可能とするもの。もう1つが図書館プロジェクトであり、著作権の保護期間の切れた書籍を対象にスキャンを行っている。

慶應義塾図書館は、図書館プロジェクトに参画する 日本で初めての図書館であり、Google ブック検索ライブラリ図書館プロジェクトの26番目の図書館となる。
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。