2007年07月06日

Google ブック検索に慶應義塾図書館が参加。書籍12万冊をデジタル化

Google ブック検索に慶應義塾図書館が参加。書籍12万冊をデジタル化
BroadBandWatch
http://bb.watch.impress.co.jp/cda/news/18726.html
2007/07/06

 グーグルは6日、書籍の全文を検索できる「Google ブック検索」の図書館プロジェクトに、日本の図書館として初めて慶應義塾図書館がパートナーに加わったと発表した。

 Google ブック検索は、日本では7月2日にベータ版提供が開始された書籍の検索サービス。書籍データは、パートナーシッププログラムを結んだ出版社と、図書館プロジェクトに参加する図書館から提供を受けている。

 グーグルと慶應義塾図書館は、慶應義塾図書館にある200万冊以上の書籍のうち、著作権の保護期間が消滅した約12万冊を対象にデジタル化作業を行なっていくという。グーグルではこれにより、世界中のユーザーがGoogle ブック検索から、これらの書籍を閲覧できるようになるとしている。

 日本国内の図書館で図書館プロジェクトに参加するのは、慶應義塾図書館が初めて。また、世界では26番目に参加する図書館になる。杉山伸也館長は、「創立150年を間近に控えたタイミングで、Googleというパートナーを得られたことを嬉しく思う」とコメント。「デジタル化された慶應の蔵書が、国際的にも広く利用され、世界の研究や教育の進展に貢献できるようになる」と述べている。

■ URL
  Google ブック検索
  http://books.google.co.jp/
  慶應義塾図書館
  http://www.mita.lib.keio.ac.jp/
  グーグル ニュースリリース
  http://www.google.co.jp/press/pressrel/20070706.html
  慶應義塾 ニュースリリース(PDF)
  http://www.keio.ac.jp/pressrelease/070706.pdf


(村松健至)
2007/07/06 15:28
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。