2007年07月10日

慶応大学とグーグルが提携、蔵書12万冊を電子化してネット公開(グーグル)

慶応大学とグーグルが提携、蔵書12万冊を電子化してネット公開(グーグル)
http://www.ipnext.jp/news/index.php?id=1639
[2007/07/10]


 慶應義塾大学はこのほど、米グーグルと提携し、同大学の図書館が保有する蔵書12万冊を電子化してインターネット上で公開することを発表した。グーグルのブック検索図書館プロジェクトに参画するのは、日本の図書館として初めて。
 両社は今後、慶應義塾図書館にある200万冊以上の書籍のうち、著作権の保護期間の切れた書籍を対象として、書籍の電子化に取り組む。電子化された書籍は「Google ブック検索」により、世界中で閲覧可能になる。
 慶應義塾図書館長の杉山伸也氏は、「グーグルの図書館プロジェクトにより、電子化された慶應大学の蔵書が、国際的にも広く利用され、世界の研究や教育の進展に貢献できることをうれしく思う」とコメントしている。
 Google ブック検索には、書籍の販売促進を目的とした「パートナープログラム」と、著作権の保護期間の切れた書籍を対象にスキャンした「図書館プロジェクト」の2つのプロジェクトがある。
posted by gljblog at 00:00| 慶応さん+日本のGoogle Book Search | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。