2007年03月09日

Google書籍検索構想に独最大級の図書館が参画

Google書籍検索構想に独最大級の図書館が参画
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070309/264367/?ST=ittrend

 米Googleの書籍本文検索プロジェクト「Google Books Library Project」に,ドイツのバイエルン州立図書館(Bayerische Staatsbibliothek)が参加する。Googleが推進するGoogle Book Searchの欧州/中東/アフリカ部門を指揮するJens Redmer氏が米国時間3月6日に,同社のブログ(Inside Google Book Search)で明らかにした。

 バイエルン州立図書館は同プロジェクトに参加している非英語圏の図書館で最大規模であり,著作権切れの100万冊以上の書籍を同プロジェクトに提供する。その結果,グリム兄弟やゲーテなどのドイツ語による古典作品が,書籍検索サイト「Google Book Search」(ベータ版)で検索/閲覧可能となる。同図書館が提供する書籍には,ドイツ語だけでなく,フランス語/スペイン語/ラテン語/イタリア語/英語の著作権切れ作品も含まれる。

 米メディアのCNET(CNET News.com)によると,バイエルン州立図書館はドイツ語圏全体においても最大級の図書館で,総蔵書数は900万冊以上という。ドイツにおける著作権の有効期間は著者の死後70年と報じている。

[Redmer氏の投稿]

(ITpro)  [2007/03/09]
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。