2007年01月29日

Google Book Searchに新機能,書籍内に登場する場所を地図に表示

Google Book Searchに新機能,書籍内に登場する場所を地図に表示

 米Googleは書籍検索サイト「Google Book Search」(ベータ版)に,地図情報サービス「Google Maps」と連携する「Places mentioned in this book」を追加する。ソフトウエア・エンジニアのDavid Petrou氏が,Google Book Searchに関する公式ブログへの投稿で米国時間1月25日に明らかにした。

 Places mentioned in this bookは,書籍で触れている都市や場所を地図上で表示する。地図の下には,それぞれの場所が書籍内で登場する文章の一部と,記載されているページが表示される。

 1888年に発行されたニューヨーク観光ガイド「Illustrated New York」や2002年発行の「New York City」,トルストイの小説「戦争と平和」など,すでに一部の書籍について同機能の実装を始めている。Places mentioned in this bookは検索した書籍の「About this book」ページで閲覧できる。

 「旅行の企画や学術目的の地域リサーチに役立ててほしい。また,お気に入りの小説の登場人物がよく通う場所を視覚的に確認するという楽しみ方もできる」(Petrou氏)という。

[Petrou氏の投稿記事]
(ITpro)  [2007/01/29]

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070129/259815/
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。