2007年02月14日

ベルギーの裁判所、グーグルに再び著作権侵害の判決

ベルギーの裁判所、グーグルに再び著作権侵害の判決
http://www.computerworld.jp/news/trd/58170.html
(2007年02月14日)

 ベルギーの裁判所は2月13日、グーグルが自社のWebサイト「Google News」にベルギーの新聞各紙からの記事の抜粋を掲載している行為が著作権の侵害に当たるとする判決を下した。

 この判決は、ブリュッセルの第1審裁判所が2006年9月に下した最初の判決を支持する内容となっている。グーグルは先の判決で、ベルギーのフランス語およびドイツ語の新聞各紙のコンテンツをGoogle Newsサイトから削除するよう命じられたが、同社はこの判決を不服として控訴していた。

 今回の訴訟は、ベルギーの主要紙の著作権管理団体であるコピープレスが起こしたもの。同団体は「グーグルは各紙の記事の抜粋を自社のWebサイトに掲載することで不当に利益を上げている」と主張していた。

 裁判所は13日の判決で、「著作権法に照らして、グーグルを例外とは認められない」と指摘している。

 コピープレスのマーガレット・ボリボン事務局長は、同判決について、「われわれにとっては非常に喜ばしい内容だ」と語っている。

 一方、グーグルはこの判決に失望しており、上告する構えだ。同社は「Google Newsは完全に合法だ」と語り、「Google Newsに掲載しているのは新聞記事の短い抜粋にすぎず、記事の全文は各紙のWebサイトにアクセスしなければ読めないようになっている」とする主張をあらためて繰り返した。

 なお、昨年9月の判決では、グーグルが自社のWebサイトから新聞各紙のコンテンツを削除しない場合に同社に科される罰金は1日当たり150万ユーロとされていたが、今回の判決ではその額が1日当たり2万5,000ユーロに減額されている。

 新聞記事の掲載を巡っては、コピープレスはすでにマイクロソフトのMSN部門とヤフーにも苦情を申し立てているが、ボリボン事務局長によると、今回の判決を受けて、同団体は再度、各紙からの抜粋記事の削除を両社に要請する方針という。


(ジェームズ・ニコライ/IDG News Service パリ支局)
posted by gljblog at 00:00| その他のGoogle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

Google書籍検索プロジェクトにプリンストン大学が参加

Google書籍検索プロジェクトにプリンストン大学が参加
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/06/news018.html
2007年02月06日 07時32分 更新

Google書籍検索プロジェクトに、アイビーリーグの名門プリンストン大学が参加することになった。

 米Googleは2月5日、書籍検索プロジェクトにプリンストン大学図書館が参加することを明らかにした。

 プリンストン大学図書館は600万冊を超える蔵書、500万以上の文書、200万以上の印刷物以外の作品を所有する。Googleと大学はこれらの中から、著作権の切れた約100万冊をデジタル化し、オンラインで閲覧できるようにする。

 プリンストン大学はGoogle書籍検索プロジェクトに参加した12番目の大学となった。

 同大学図書館は、米国がまだ植民地だった当時の米大陸会議の最初の開催場所であり、独立戦争をくぐりぬけ、修復と拡張を重ねて存続してきた、250年の歴史を誇る図書館だ。

posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Google Library Projectに米Princeton Universityが参加

Google Library Projectに米Princeton Universityが参加
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/02/06/14693.html

 米Googleは5日、「Google Book Search Library Project」に米国の名門大学Princeton Universityが参加することになったと発表した。

 今後数年をかけてGoogleは、Princeton Universityと協力して、パブリックドメインとなった約100万冊の書籍をデジタル化する作業に取り組むことになる。これら書籍は著作権が切れているため、「Google Book Search」で全文テキストを見ることができるだけでなく、ダウンロード・印刷することもできるようになる。

 Princeton Universityには、現存する大学としては最大級の開架式図書館であるハーヴェイ S.ファイアストン図書館をはじめとする13の用途別図書館がキャンパスに点在しており、これらすべてが作業の対象となる。


--------------------------------------------------------------------------------
関連情報

■URL
  Google Book Search公式ブログの該当記事(英文)
  http://booksearch.blogspot.com/2007/02/welcoming-princeton-university-to.html

■関連記事
・ 「Google Book Search」で著作権切れ書籍の無料PDFダウンロードを開始(2006/08/31)
・ Google Libraryにスペインの大学図書館が参加、多言語化へ第一歩(2006/09/27)
posted by gljblog at 00:00| Google Book Searchプロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。